認知症 - Dementia -


HOME > 治療方針 > 認知症 - Dementia -

認知症 - Dementia -


今後は、「ぼけてから」ではなく、「ぼけないうちに予防する」時代に
国、というか、厚労省は、そういう考えだそうです。たしかに、予防できるに越したことはないけれど、「自分がぼけたんじゃないか心配で」と言って来院する方は決して多くはありません。
だいたい、そういう心配をして来院される方は、認知症ではないことが多いですが、年齢が65歳以上であれば、「認知症を遅らせる薬」は紹介しています。日本の認知症の権威の先生のセミナーでも、「認知症がすすんでからより、認知症が始まったばかりか、これから、の人の方が、薬はよく効く」と偉い先生が話していました。私も、65歳過ぎたら飲んで予防しよう、とセミナー聞いてひそかに決意していました。
まあ、そうは言っても、なんでもないときにわざわざ病院にいって薬をもらおうというのは、心配性なタイプの人だけだとおもいます。
家族が認知症になってしまったら、できるだけ早いうちに、医療機関にかかり、主治医意見書を書いてもらって、福祉サービスを利用するようにしてください。自分たちだけでなんとかしようとすると限界がありますし、介護でうつ状態になり、悲しいことにDVに発展することもあります。
いろんなサービスを利用して、家族が関わる方が、優しい気持ちで患者さんと向き合えると思います。相手は人生の大先輩なのですから、尊敬の念をもって接したいものです。

認知症は主に4つにわけられ、治療も少しずつちがう
<アルツハイマー型認知症>
認知症の一番多いのはこのタイプといわれていますが、血管型認知症との合併もみられるそうです。
だいたい、患者さんの家族は「CTとかMRIをやったけど萎縮があるとかいわれただけだった」とおっしゃいます。脳が委縮する病気はこれだけではないので、何とも言えませんし、年を取ると誰でも委縮します。萎縮したから認知症なのではありません。 症状としては、まず「うつ病」とも違うけど「無気力」なアパシーといわれる状態がでてきて、家族が一緒に「おばあちゃん出かけよう」というと買い物に行くけど、一人ではいかない、といった症状が出てきます。この時、うつ病とおもわれると治療が変わってしまいます。アパシーはうつ病とは違って、食欲低下や自責の念はないので、まちがわないようにしないといけません。また、認知症の検査をすると、「とりつくろい」が目立ちます。つまり、いろいろ言い訳するんですね。この「とりつくろい」は饒舌なので、普段の会話で話したら、認知症とは思わないだろう、という方、多いです。

進行すると、よくあるパターンは、財布を置き忘れます。探すけど見つかりません。誰かにとられたんだ。
嫁にとられた(一番いっしょにいる人に被害が及ぶ)、と言い出す。こういう妄想が見られます。
このへんになると、昼夜逆転していたり、夜中に徘徊していたりというのが出てくるころでしょう。昼夜逆転したら「日中はデイサービスで叩き起こしなさい」と認知症の偉い先生が、公演のなかで、おっしゃっていました。

最終的には寝たきりになり、ものが食べれなくなっていきますが、これは、「老い」なのですよね。
アルツハイマー型に限らず、認知症すべてにおいていえることです。 <脳血管型認知症>
脳血管型といっても、どの程度の範囲の脳血管がダメージを受けたかで症状は違うと思います。
誰でも、MRIをとれば、小さな血管に梗塞はあります。
これを正直に伝えると落ち込む患者さんがいるので伝えない先生もいるようで、「ある先生には梗塞があるといわれて、違う先生には正常と言われて」と不安げに訴えた患者さんがいました。どちらの先生も優しさからだとおもいますが、医学用語は本当に難しいので、話せば話すほど不安をあおることがあります。MRIで小さな血管に梗塞があっても、必ずしも認知症とは言えませんが、多発していれば話は別です。あとは、場所にもよります。
脳血管型認知症の特徴は、言葉が出にくいことです
アルツハイマー型の人はしゃべります。昔のこととか、今の不満を、ずーっとはなしますし、検査が出来なければその言い訳をずっと話します。ですが、脳血管型の人はそれがありません。
脳血管の梗塞の場所によっては嚥下障害(たべものがのみこめない)が出たり、麻痺がでたりするでしょう。
麻痺などが出るような場合は特に「以前で来ていたことができない」と怒りっぽくなったりするでしょう。

<レヴィ―小体型認知症>
聞きなれないかもしれませんが、実はアルツハイマー型の次に多いと言われています。
レヴィ―小体にお詳しい先生がいうには、残念ながら、誤診が多いタイプのようなのです。このタイプの家族の方も「画像をとったけど大丈夫といわれた」と言います。レヴィ―小体型はCTやMRIではわかりません。SPECTという脳血流を診る検査か、心筋シンチグラフィーをとらないとわかるわけがないからです。
このタイプの人は、レム睡眠障害をいうのを合併していて寝言が多い方が多かったりします。さらにすすんでくると「小さい動物がみえる」「虫がいる」「知らない人がいる」といった幻視を訴えます。
この時点で、幻視ということで、老年期発症の精神障害と勘違いされます。
なぜなら、最初のうち、このレヴィ―小体型は認知機能低下を起こさないのです。
なので間違われやすいのです。レヴィ―小体の方はパーキンソンニズムがどこかで現れます
今までの太字部分を見逃さなければ、適切な治療薬があります。
少したってから、認知機能低下(ものわすれ、日付がわからないなど)が、おこり、進行していけば、他の認知症と症状が重なってきます。

<前頭側頭型認知症>
CTやMRIでは前頭側頭部が委縮する認知症と言われていますが、結構例外もあることが指摘されています。萎縮の前に症状が出て家族が困ってしまうことがあります。
症状は、まず、「性格がかわったなあ」と思うと思います(性格変化)
そして、常同行為といって、同じことをする、同じものばかり買う、同じものを食べる、といった行為が目立ってきます。
これを好きなようにさせてあげているうちはいいのですが、人様の迷惑になるようなことだったりすると、家族が止めます。すると、暴力をふるったりします。あとは、食欲や性欲が亢進します。とくに食欲は亢進して、呑み込むように食べたりします。
そのほか、ありえない場所で小便するなどという逸脱した行為が見られることもしばしばです。この認知症は妄想などはありません。
今書いたような症状があるので、ものわすれ、や、見当識障害といった、いわゆる認知症で困るというよりも、行動で困って家族につれられて受診するケースが多いです。若い発症がよくみられ、若いほど進行は早いです。

※まとめ
日本老年医学会のことばをかりれば、「認知症がなくなれば幸福になれるのか?認知症があったら幸福になれないか?」と言っています。
この高齢化する日本の問題は、認知症を克服すれば解決する問題ではないということです。
認知症になっても、ならなくても、幸せな老後をおくりたいし、おくらせてあげたい、と、私も思います。

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談

PageTop

サイドバナー

治療方針

メニュー

ご案内

医療法人 根本会
かのこメンタルクリニック

《住所》
〒010-0951
秋田市山王5-13-7山王プロムナード1F

《電話》
018-874-7964

《FAX》
018-874-7974




医療法人 根本会 かのこメンタルクリニック
〒010-0951 秋田市山王5-13-7山王プロムナード1F


HOME - 院長挨拶 - 医療理念 - 院長経歴 - 当院のご案内 - 開業奮闘記 - たまに更新 - 治療方針 - アクセス - サイトマップ